2016年06月21日

★横浜アンパンマンこどもミュージアム★


少し前の話になりますが
横浜アンパンマンこどもミュージアム に行って来ました。
おでむかえジオラマ 横浜アンパンマンこどもミュージアム.jpg
3階建ての屋内ミュージアムなので 雨の日でも安心。
1Fのわんぱくタウンに 入るとすぐに
虹色のカラフルな滑り台に吸い込まれて行った子供、
思いっきりはしゃいで遊べるって 嬉しいよね。
横浜アンパンマンミュージアム入口 ロッカー 横浜アンパンマンミュージアム.jpgわんぱくタウン 横浜アンパンマンミュージアム みなとみらい.jpgホラーマン注意書き 横浜アンパンマンミュージアム みなとみらい.jpg
アンパンマンの仲間達もぞくぞくと出て来て グリーティングしてくれます、
握手やハイタッチ、ぎゅーっとハグしてくれるので
子供達は感激していましたが
キャラと並んで記念撮影しようとすると スタッフさんに止められます。
ジャムおじさんのハグ 横浜アンパンマンこどもミュージアム.jpg
(混雑時は記念撮影NGでも、閉館間際等の空いてる時には許してくれるようでした。)
食パンマン わんぱくタウン 横浜アンパンマンこどもミュージアム.jpgカレーパンマン わんぱくタウン 横浜アンパンマンこどもミュージアム.jpgホラーマンのグリーティング 横浜アンパンマンこどもミュージアム.jpgドキンちゃん 1Fわんぱく 横浜アンパンマンこどもミュージアム.jpg

2Fのふれあいタウンには
やなせたかし氏の大きな絵画や原画もあれば
やなせたかし氏原画 アンパンマン 横浜アンパンマンミュージアム.jpg
工作教室でドキンちゃんのお面作ったり
人形劇鑑賞できたり みんなでアンパンマン体操したり
アンパンマンのオモチャで遊べるコーナーまであるので
じっくりアンパンマンの世界と向き合えます。
2Fふれあいタウン アンパンマンブロック 高知駅 横浜.jpgSLマン 2Fふれあいタウン 横浜アンパンマンミュージアム.jpg人形劇 横浜アンパンマンミュージアム2Fふれあいタウン.jpg

3Fなかよしタウンで一番人気だったのは
おでむかえジオラマ   アンパンマンを中心に仲間達が勢ぞろい
おでむかえジオラマ 3Fなかよしタウン アンパンマンミュージアム.jpg

アンパンマン号の中に入ってみたり
アンパンマン壁画 3F 横浜アンパンマンこどもミュージアム.jpgおでむかえジオラマ おむすびマン 横浜アンパンマンミュージアム.jpg3Fあんぱんまん号 横浜アンパンマンミュージアム 横浜.jpg
小さなジオラマもいくつもあるので
楽しい世界を覗きこめますよ。

カラフルでアンパンマン達の笑顔がいっぱいのミュージアムでした。
アンパンマンボード 横浜アンパンマンミュージアム 2Fふれあい.jpgあつまれアンパンマン 50 2Fふれあいタウン アンパンマンミュージアム.jpgアンパンマンミュージアム限定商品 横浜アンパンマン.jpgクリームパンダ コキンちゃん ロールパンナちゃん横浜アンパンマン.jpgアンパンマン号 横浜アンパンマンこどもミュージアム.jpgドキンちゃん絵画 2Fふれあいタウン アンパンマンミュージアム.jpgピラミッドしょくパンマン ドキンちゃん 横浜アンパンマン.jpgダイコンヤクシャ 野菜畑ジオラマ 横浜アンパンマンミュージアム3f.jpgバイキン城 3Fなかよしタウン 横浜アンパンマンミュージアム.jpg
ブロックアンパンマン 2Fふれあいタウン 横浜アンパンマンミュージアム.jpgアンパンマン石像 1Fアンパンマンの丘 わんぱくタウン 横浜.jpgアンパンマン盆踊りジオラマ なかよしタウン 横浜アンパンマン.jpgジャムおじさんレリーフ 横浜アンパンマンこども美術館.jpg

次は横浜アンパンマンのショッピングモールでの話しをのせます。

<<横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール>>
住所:横浜市西区みなとみらい4-3-1
電話:045-227-8855(電話でのお問合せ10:00~18:00)
HP:http://www.yokohama-anpanman.jp/main.html


posted by さくらん at 11:23| Comment(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

★服部牧場★

また愛川町服部牧場
服部牧場 牛舎 愛川町.jpg
牛小屋を通りぬける私達を
横目で ちらり
服部牧場 牛舎 愛甲郡愛川町.jpg
たちも 落ち着いたもんです。

ウサギの檻で
なにかがふるふる 小刻みに震えているもんだから
最初はウサギのしっぽかと思ったけど
ウサギの赤ちゃん 服部牧場牛舎 愛川町.jpg
良く見たら それはウサギの赤ちゃん。
ウサギの赤ちゃん 服部牧場 牛舎 愛甲郡愛川町.jpg

牧場内のソーセージ屋さん メッツゲライでは
腸詰してないソーセージの中身を焼いて
パンに挟んだフライシュケーゼサンドや
カレーケチャップのソーセージ、
カーリングポテトも食べましたよ。
メッツゲライ フライシュケーゼサンド カーリングポテト カレーケチャップ.jpg
ちょっと汗ばむ陽気だったので
ジェラートに並びました、
この日はいちごミルク味。
いちごミルク 服部牧場ジェラード アイスクリーム工房カサリンガ.jpg
フレーバーが常に20種以上もあるので
何度訪れても楽しめます。

乳牛 服部牧場牛舎 愛川町.jpg服部牧場 家畜公園 愛甲郡愛川町.jpg
ヤギとヒツジ 服部牧場 牛舎 愛川町.jpg仔ヒツジ 服部牧場 牛舎 神奈川県愛甲郡愛川町.jpg

<<服部牧場>>
住所:神奈川県愛甲郡愛川町半原6087
HP:http://kanagawa-hattoribokujou.com/
ラベル:神奈川 動物 愛川
posted by さくらん at 22:34| Comment(2) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

★沼津港深海水族館★

そうなんです、 水族館づいております。
冷凍シーラカンス 沼津港深海水族館 シーラカンスミュージアム.jpg
沼津港深海水族館 シーラカンス・ミュージアム に行って来ました。

やはりインパクトあるのは
「生きた化石」と呼ばれる あのシーラカンスの標本でしょうか。
まずは2メートル前後のその大きさに驚きます、
それから
背骨の代わりに脂のつまったホース状の脊柱がある事
卵胎生であるが、まだ雄と呼べる固体が見つかっていない事
その肉には人間が消化できない脂があって
食すとお腹を壊してしまう事とか
知れば知るほど興味深い魚。
シーラカンス 剥製 沼津港深海水族館 2F.jpg古代の海再現剥製 沼津港深海水族館 シーラカンス.jpg冷凍保存シーラカンス 沼津港深海水族館 シーラカンスミュージアム.jpg
そんな不思議なシーラカンスの本物標本が5体、
しかも冷凍標本の展示は世界でも沼津深海だけだとか。

子供が深海生物好きなので楽しみにしていました、
過酷な水の世界に生きる生物は、
姿や動きに意外性があるものばかり。
オウムガイ 沼津港深海水族館 シーラカンスミュージアム.jpgヒメカンテンナマコ 沼津港深海水族館 シーラカンスミュージアム.jpgアデヤカキンコ ナマコの仲間 沼津港深海水族館 シーラカンスミュージ.jpgタカアシガニ 沼津港深海水族館 シーラカンスミュージアム.jpgトリノアシ 沼津港深海水族館 シーラカンスミュージアム.jpgイズカサゴ 駿河湾水槽 沼津港深海水族館 シーラカンス.jpg

私的”推し”深海生物は
ピンク色のぷよぷよな体をした サケビクニン
サケビクニン 沼津港深海水族館 1F深い海エリア.jpg
ギラギラした銀色の目の中で
小さな黒目が動いてる・・・と思ったら
深海生物らしく目はほとんど見えないそうです。
見えてないはずなんだけれど、こちらを舐めまわすように見てきたり
流し目を送ってくる(そんな感じがするのです)
存在感あり過ぎな不思議生物、気になる。

透明標本も豊富です。
薬品処理によって肉は透明、硬骨は赤色、軟骨は青色に染まった標本は
アートのように美しく、
それが生物の造型だと思うと
さらに神秘的に思えてしまうのです。
ヘコアユ 透明骨格標本 沼津港深海水族館 シーラカンス.jpgザラガレイ 透明骨格標本 沼津港深海水族館 シーラカンスミュ.jpgヤマトトックリウミグモ 透明骨格標本 沼津港深海水族館.jpg

”世界で一番大きいダンゴムシ”と呼ばれる
ダイオウグソクムシの大きな透明標本までありました。
ダイオウグソクムシ透明骨格標本 沼津港深海水族館シーラ.jpg
昆虫は苦手な方なのですが
透けた体に光を当てられたグソクムシ
神々しく見えてしまう。

飼育スタッフさんが生き物の解説や実験をしてくれる
沼水ラボではオオグソクムシに触らせてもらいました。
意外と小さいな、と思いましたが
これでも大人のサイズなんだそうです。
沼水ラボ グソクムシに触ってみよう沼津港深海水族館.jpg
世界一大きなグソクムシ・・・大王グソクムシ 大西洋やインド洋に生息 50センチ位
日本一大きなグソクムシ・・・オオグソクムシ 日本本州中部以南に生息 10~15センチ位

グソクムシはダンゴムシのように丸まれないそうです、
そしてグソクムシは危険を感じると
胃の内容物を吐き出して威嚇するそうです。
私もお腹の白く柔らかいところを触った時に
黒いゲロを吐かれてしまいました。

ちいさな水族館ですが
初めて見る種類、ここだけでしか見られない種類が多いので
ぐっと 心に残ります。
オオグソクムシ 沼津港深海水族館 シーラカンスミュージ.jpgアカグツ標本 沼津港深海水族館 シーラカンスミュージアム.jpgオウムガイ 沼津港深海水族館 シーラカンスミュージアム.jpgゴマフイカ標本 沼津港深海水族館 シーラカンスミュージアム.jpgイエローヘッドジョーフィッシュ 沼津港深海水族館シーラカンス.jpgグソクムシ クラフト 沼津港深海水族館 シーラカンスミュージアム.jpg沼水ラボ オオグソクムシに触ってみよう 沼津港深.jpgオオグソクムシ 沼津港深海水族館 シーラカンスミュージアム 静岡県.jpg

追伸 ― 沼津港には美味しい魚介料理のお店が多くありましたが、
    水族館を含む港八十三番地というエリアでは
    深海生物を食べさせてくれる飲食店が数件あります。
    見て、知って、さらに興味が湧いた深海
    食べてみても美味しかったのですよ。
    港八十三番地 漁師天ぷらとらてん 特選富士丼.jpg深海魚串揚 港八十三番地とらてん  沼津港漁師.jpg
<沼津発漁師天ぷら とらてん 深海魚の串揚げ 特選富士山丼>
 

沼津港深海水族館-シーラカンスミュージアム‐
住所:〒410-0845 静岡県沼津市千本港町83番地
電話:055-954-0606
HP:http://www.numazu-deepsea.com/
ラベル:静岡 水族館 沼津
posted by さくらん at 13:57| Comment(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。